• フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
  • 犬とネコの避妊・去勢
  • 犬とネコのアトピー
  • 求人案内
診療時間

へきなん動物病院

院長 杉浦 明治

〒447-0816 愛知県碧南市志貴崎町5丁目30-2 TEL 0566-41-1128

■休診日:木曜日 ※但し急患はこの限りではありません。

■診療対象動物 犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター

来院前の注意事項

大抵のワンちゃん、ネコちゃんは病院が好きではありません。 病院内に入りたがらない仔や、脱走しようとしてしまう仔もいます。 大切な仔が逃げてしまわないように、また、車内や病院内でも事故のないよう事前に注意しましょう。

ワンちゃんの首輪、胴輪をチェックしましょう! ワンちゃんの首輪、胴輪をチェックしましょう!
病院内に入る際に、嫌がるワンちゃんを引っ張って、首輪が抜けることがあります。いつもよりきつめに装着しましょう。
車の中で自由にさせていませんか? 車の中で自由にさせないようにしましょう!
車の中をウロウロしていると、運転に集中できませんので大変危険です。また、ドアを開けた瞬間に外へ跳び出して事故に遭ったり、ネコちゃんがブレーキペダルの下へ潜り込み、ペダルを踏み込めずに車をぶつけてしまったりという危険もありますので、くれぐれもご注意ください。
小さなワンちゃんもリードをつけるか、キャリーバックにいれましょう! 小さなワンちゃんもリードをつけるか、キャリーバックにいれましょう!
抱っこをして来院される方がいらっしゃいますが、診察券をお出しになる時や、お会計の際お財布の出し入れに苦労されている様子をよく目にします。また、内服薬、外用薬やお食事をお渡ししたりすることもありますので、お帰りの際に手荷物が増える場合があります。リードやキャリーバックをお使いになると、受け渡しがスムーズに行えますし、抱っこしたワンちゃんを落としそうになり、ハラハラすることもありませんので、是非ご利用ください。
ネコちゃんには洗濯ネットがおすすめです! ネコちゃんには洗濯ネットがおすすめです!
「袋に入れるなんて窮屈でかわいそう!」とおっしゃる方もみえますが、来院するほとんどのネコちゃんはビクビクしていて、どこかに隠れたくて仕方がありません。怖さのあまり、壁を乗り越えて逃げようとするネコちゃんもいます。袋に入ることで、適度な目隠し効果と密着感で、安心感を与えることができる上、処置もスムーズに行えますので、よりネコちゃんのストレスが軽減されます。また、安価で汚れても洗えますので、衛生面でもおすすめです。
犬と猫の健康診断

動物病院に行くのは、ペットが怪我をしたり病気になったときだけ、と考えている方はいませんか?


しかし、「いざ」というとき慌てないためにも、健康診断は必要なのです。



動物たちの平均寿命が伸びている現在、病気に対する考え方も、人間同様「治療」から「予防」へと変わってきています。動物達は人間に比べ、歳をとるのが約4倍速いといわれ、病気の進行もその分速くなる上、動物たちは本能的に痛みを隠しますので、私たちが症状に気付く頃には病態がかなり進行しているケースが多々あります。定期的な健康診断による病気の早期発見が、動物に長生きしてもらうことにつながります。