• フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
  • 犬とネコの避妊・去勢
  • 犬とネコのアトピー
  • 求人案内
フィラリア予防

蚊が媒介する寄生虫で、親虫は心臓の中に寄生します。目に見える症状が出てくるまでに、5~10年を要し、症状(咳、すぐ疲れる、腹水貯留、血尿など)が出たときは、対症療法で症状の軽減しかできません。手術をしたとしても、急激な血流の変化により死亡してしまう可能性があります。

ただし、フィラリア予防をしていただくことで、フィラリア成虫の寄生はほぼ100%感染しませんので、しっかりと予防してあげてください。

  • 室内犬だから予防薬はいらない?

    予防していない室内犬の感染率は低いものの、いつ蚊に刺されているかはわかりません。また、散歩中に蚊に刺されるチャンスは数多くあります。感染してからでは遅いので、予防はしっかりとしましょう。

  • 毛の長い犬はだいじょうぶ?

    毛の長さは関係ありません。長毛の犬、毛の密にはえている犬でも、予防をしていない犬は感染しています。

  • 蚊よけ電球や蚊取り線香は?

    これらだけではフィラリアの感染は防げません。なぜならこれらの効果が届く範囲は非常に狭く完全な予防とはなりません。

  • 蚊がフィラリアをもっているの?

    蚊がもともとフィラリアの感染子虫をもっているわけではありません。フィラリアにかかっている犬の血を吸ったときに蚊の体内にフィラリアの子虫が入るのです。予防が全ての犬に行き渡れば、蚊に刺されてもフィラリアの感染はなくなるはずなのですが・・・。

  • なぜフィラリア成虫による症状はすぐでてこないの?

    予防していない仔犬がはじめて越す夏からフィラリアの感染が認められていますが、目に見える症状が出てくるのに数年かかります。
    その理由は以下の通りのメカニズムだからです。

    • フィラリア感染子虫をもっている蚊に刺されることで体内に感染幼虫が入ります。
    • 幼虫は皮下を迷走し、9~12日ほどで脱皮します。
    • 感染後、約100日で血管系へと侵入し、肺の後葉の末梢肺動脈へ移動します。
    • 5か月~6か月以上かけてこれらの子虫が成虫になります。
    • 成虫がミクロフィラリア(フィラリア子虫)を増やし、成長して成虫が増えると、肺動脈等に負担がかかり、さまざまな症状を引き起こします。
  • フィラリア症の症状は?

    散歩の途中に急に動かなくなり、数時間後に息を引き取る、といったケースがあります。これはフィラリアの急性症状で、成虫が心臓の中から後大静脈に移動し、静脈につまってしまった結果です。また、長年フィラリア成虫が心臓に寄生しているため、心臓が疲れてくると同時に、肺動脈の硬化・肥厚がおこり肺に血液中の水分が洩れ出てくるために咳が出たり、おなかに水がたまったりします。

猫のフィラリア症

犬だけでなく猫にも寄生し、主に肺に障害を与える事があります。主な症状は、元気がない、うつ状態、呼吸困難、慢性の咳などです。犬とは違い本当に少数寄生の感染でも突然死することがあるので注意が必要です。この予防薬として当院では、主に背中にたらすタイプのレボリュ-ションという薬を使用しています。この薬のメリットは、フィラリアのほかにもノミ、ミミダニ、腸に寄生する回虫も一緒に予防できるという事です。とてもメリットの高い薬ですので、是非これを機会に、我が家の愛猫にも使用してあげて下さい。 とにかく、フィラリアという寄生虫からペットを守るためには、予防が大切です。

とにかく、フィラリアという寄生虫からペットを守るためには、予防が大切です。